巡回展「発掘された奥州市展2015―胆沢城前夜と最新の発掘成果―」

主催
奥州市教育委員会
お問合せ
奥州市教育委員会事務局歴史遺産課
☎0197(35)2111 内線442

エミシとヤマトの境界に 何があったのか―
奈良時代の奥州市は、アテルイ、モレといった人物に代表される、いわゆる「エミシ」の時代でした。中央政府である律令国家と対立したエミシとは、いったいどのような人々だったのでしょうか。奥州市内の遺跡や出土資料などから、その謎の解明に迫ります。
また、昨年度の埋蔵文化財発掘調査によって新たに判明した奥州市の歴史も紹介。奥州市内の博物館施設4館を巡回展示しますので、お近くの会場で是非ご観覧ください。

《開催館および会期》

  • ●奥州市牛の博物館 平成27年6月5日(金)~6月21日(日)
    (前沢区字南陣場103-1 ☎0197-56-7666)
  • ●奥州市埋蔵文化財調査センター 平成27年6月26日(金)~7月6日(月)
    (水沢区佐倉河字九蔵田96-1 ☎0197-22-4400)
  • ●えさし郷土文化館 平成27年7月10日(金)~7月22日(水)
    (江刺区岩谷堂字小名丸102-1 ☎0197-31-1600)
  • ●胆沢郷土資料館 平成27年7月24日(金)~8月23日(日)
    (胆沢区南都田字加賀谷地1-1 ☎0197-46-2133)