戦後70年・えさし郷土文化館開館15周年企画展
「海と大地の残火(ざんか)―紡がれる記憶と未来へ刻む歴史―」

開催日
平成27年8月8日(土)~11月8日(日)
時間
9:00~17:00
会場
えさし郷土文化館 第二展示室
料金
通常入館料でご観覧頂けます。
協力
平和ミュージアム旧日本陸海軍博物館
奥州市立斎藤實記念館
奥州市立後藤新平記念館 ほか

20世紀はまさに「戦争の世紀」であり、近現代史を語る上においても日本が大きな戦争に関わってきた歴史を欠くことはできません。
第二次世界大戦の終結から70年が経過し、過去の大戦の教訓を尊ぶことで私たちは今日の豊かな社会と日常生活を得てきたといえます。また、同時に近代以降、様々な戦火に身を投じてきた郷土の先人たちが、どのような時代を生き、未来に生きる私たちに何を語ろうとしていたのかを今後も深く学んでいくことも重要です。
本展では主に地域資料などから先の大戦を振り返るとともに、地域の先人たちのまなざしを通じて郷土の肖像を探ります。
皆様のご来館をお待ちいたしております。

展示品