収蔵資料展 The King of Little Gift 手ぬぐい

開催日
平成28年2月20日(土)~4月3日(日)
時間
9:00~16:00(3月1日から17:00閉館)
会場
えさし郷土文化館 第二展示室
料金
通常入館料でご観覧頂けます。

汗を拭いたり顔や手を洗った際に水を拭ったり、入浴時などに使用する木綿の平織りの布「手ぬぐい」。
この「手ぬぐい」が生活必需品として定着したのは江戸時代以降で、機能性ばかりではなく、次第に図柄などの芸術性も重視されるようになり、様々な図様のデザインが考案されて今日へと至りました。また、日用品であるからこそ、商店などの贈答品やイベントの際の記念品としての需要が高く、こうした習慣における「手ぬぐい」はまさに粗品の代表格といえます。
本展では、当館の収蔵品の中から地域で頒布された「手ぬぐい」を公開。贈答文化と時代を反映したデザインを楽しみながら地域史の一端を感取して頂ければと思います。

収蔵資料展