テーマ展「岩谷堂焼」

開催日時
2020年10月17日(土)~11月29日(日)・年中無休
入館料
一般300円(250)、高校生200円(100)、小中学生150円(100)
       ※ ( )は15名以上の団体料金
       ※ 奥州市民パスポート提示で入館料半額
会場
えさし郷土文化館 第二展示室
時間
9:00~17:00(11月1日より16時閉館)
主催
えさし郷土文化館

岩谷堂焼は明治14年(1881)頃、京都の雲林院伊左阿弥が盛岡勧業場焼で就業後、岩谷堂町片岡の正重寺の住職の世話で焼き出した陶器で、現存する作品の少なさから「幻の焼物」ともいわれています。
作品は手びねりおよび型物の楽焼で、花生・土瓶・急須・盃類、各種の皿類。細やかな技法により種々草木の模様を貼り付け、器の底部または腰の部分に「丸に楽」の押印、釉薬は蜜柑色を施すのが特徴です。
本展では当館に寄託収蔵されている約80点におよぶ岩谷堂焼を初公開。雅趣に富んだ貴重な作品の数々をご堪能下さい。